実は日本でも多い

脈を計る

突然のめまいに要注意

めまいや吐き気に悩まされ、時には症状が酷くて立っていられないような状態になってしまうという人はメニエール病である可能性があります。 このメニエール病という病気は耳の奥にある内耳が内リンパ水腫を起こしてしまうことにより発症する病気です。 メニエール病は意外に知られてはいないものの、実は多くの人がこの病気になっていると言われています。 症状が重い人は病院で診察してもらうことでこの病気のことを知りますが、比較的症状が軽い人の場合には自覚症状も少なくてそのままにしていることが多いのです。 症状が軽くても症状が重くなるかはわかりませんので、頻繁にめまいがするという人は一度病院できちんと診断してもらうことが必要です。

メニエール病とわかったら

めまいや吐き気によって、時には立っていることすら出来なくなってしまうのがメニエール病です。 メニエール病は簡単に治療できる病気ではありませんが、きちんとした治療を行うことで発作を減らすことが出来ます。 一般的によく行われる治療法は薬物による治療です。 発作そのものを抑えることと、発作が起きてしまった時にその症状を抑えることが出来ます。 メニエール病は内耳の内リンパ水腫によって引き起こされる病気であるために、治療にはリンパ水腫を改善する効果が期待できる利尿剤が多く使われます。 しばらく薬を飲み続けることで発作はほとんど起きなくなりますが、かといってそれで安心して薬を止めてしまうのは危険です。 そのまま放置すると慢性化の恐れもあるので、処方された薬はきちんと飲み続けることが大切です。